• ホーム
  • ピルの種類と選び方について

ピルの種類と選び方について

嬉しく笑う女性

ピルの種類は、ホルモン量の違いで、3種類あります。
高用量のものと、中用量のもの、低用量のものがあります。
3種類あるうちの選び方ですが、高用量のものや中用量のものは、主にホルモンの異常などといった病気に対して使用されます。
これらは、ホルモン量が多いピルになるので、医師の指示のもとで使うことになります。
さらに、実際に使用すると、かなりの副作用があるため、注意をしなければいけないので選び方は難しいものです。

医師から指示をされて選ぶことが一番安心できます。
ピルといったら、通常では低用量ピルをさしていると思っておいてもいいくらいです。
高用量のものや中用量のものは病気に対して使われるため、保険適の対象となります。
しかし、低用量のものは保険の適用にならない場合がほとんどです。
低用量のものは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量によって配合がかわらない、一相性ピルと、途中で何段階かに分けて 配合量が違う、三相性ピルというものがあります。
21日間服用をして7日間休む、というサイクルで使用をしていくものです。
一相性のものはどれを飲んでも同じなので特に順番を気にする必要はありませんが、三相性のものは、ホルモン量が違う種類が入っているため、飲む順番を気にすることが必要です。

低用量ピルに使用されているものはいくつかあります。
トリキュラーやダイアン35、ノベロン、ヤスミン、アイピルという種類があります。
子宮に優しいものや、体格が小さい人用のもの、生理痛を緩和しやすいもの、コンドームが破れてしまったときなどに妊娠を回避できる特殊なものなどいろいろとあります。
選び方が分からないという場合には、医師にしっかりと説明を聞くことが大切です。

関連記事
生理痛などの緩和のためにピルの服用を開始 2019年11月13日

今は、避妊方法も多様化しており、今までのコンドームの使用以外にも成功率の高い避妊方法が知られるようになっています。医療機関で器具を装着してもらったり、避妊手術などをしたりする場合では妊娠を防ぐ体にすることができるため、確実ではあるのですが、若い人たちなどには適さないので、最近はわりと確実でありながら...

ピルの服用後の副作用がひどいときは病院へいくこと 2019年10月19日

ピルは女性の悩みなどで多いといわれる、生理痛、PMS、生理不順などを改善することができるといいます。服用することで便利なことは、たとえば、旅行にいくときには、その日をさけるように上手くピルを服用することで、旅行に生理がぶつからないということです。ピルは服用後に副作用を感じる人もいます。頭痛や吐き気だ...

女性がピルを服用するメリットとは 2019年09月20日

最近女性の間でピルを日常的に服用している人が多くなってきました。ピルは服用することによって、女性に様々なメリットをもたらす薬です。まず一番のメリットは何といってもピルを服用することで確実な避妊をすることが出来るという点です。いくら仲が良いカップルであったとしても、結婚前の妊娠は避けるべきです。万が一...

事後に飲むピルの賞味期限に気を付ける 2019年08月24日

ピルには、賞味期限も存在しているため、使う時に注意してみるとよいです。ピルは、ほかの医薬品と同様に、製造してから一定期間を過ぎると効果がなくなってしまいます。この期間に飲みきらないと、ピルを飲んでも効果を期待することが出来なくなり、飲んでも意味がなくなってしまいます。効果を期待したいときには、ピルが...

ピル服用による副作用にはどのような症状があるのか 2019年08月07日

最近大人の女性を中心として、ピルに対する関心が高まってきています。大人の女性というのは生理周期の乱れや生理痛や出血等の生理に関連する様々なトラブルに悩まされています。ピルを服用することでこのような生理に関連するトラブルの大部分が改善されることが知られていますので、生理に関して悩みを多く抱えている女性...